デュタステリドは本当に発毛効果があるのか!?

フィナステリドよりも脱毛抑制効果が高い??
フィナステリドよりも脱毛を抑制させることができる成分として、AGAの専門医でも処方している成分に「デュタステリド」があります。
実際に使用した方の例で、脱毛が改善されたとの報告も多数。
今話題の成分「デュタステリド」の育毛、発毛効果について調べてみました。

 

デュタステリドはフィナステリドと同じようにAGAの主な原因となる
5αリダクターゼ還元酵素を阻害して男性ホルモンの一種である
ジヒドロテストステロンの生成を抑えることでAGAを食い止めることができる医薬品成分です。
ただ、デュタステリドがフィナステリドよりも凄いのは
フィナステリドでは抑制できない1型5αリダクターゼの生成を抑えることもできるところです。
さらに、脱毛を抑制させる効果もフィナステリドの約1.5倍!
デュタステリドがフィナステリドよりも凄いと言われている主な特徴です。

 

デュタステリドは2001年にイギリスの製薬会社で開発された成分で
フィナステリド同様、前立せん肥大症の治療薬として使われていました。
AGAの原因の要因と前立せん肥大症の原因もジヒドロテストステロンによるものなんですね。
ただ、フィナステリドよりもデュタステリドの方が1型5αリダクターゼの抑制までできることが分かってからは前立せん肥大症の治療薬としても使われつつ、
AGAの治療薬としても注目され、AGA専門機関でも使われるようになっています。
そして、さらに臨床検査を重ねた結果、1型2型のどちらの5αリダクターゼも抑制させることが分かっています。
よりAGAの進行を食い止める高い効果があるということです。

 

そのデュタステリドの効果は、直径約2,5p部分の発毛効果で確認されています。
これは、デュタステリドとフィナステリドを150日間投与した結果の
髪の毛の本数を比較したもので
150日間デュタステリドを投与して108本の髪の毛の成長が確認されています。
また、フィナステリドを150日間投与した場合には、72本の毛髪再生が確認されたという研究結果となっています。
この結果を見ても、はやりデュタステリドはフィナステリドの1,5倍の効果を発揮することが分かります。

 

フィナステリドよりも脱毛抑制効果と、発毛効果があるデュタステリド。
これだけの効果があれば、どうしても、気になるのは副作用ですね。
デュタステリドはフィナステリド同様の副作用が挙げられています。
性欲減退に、肝機能障害、鼻咽炎症です。
また、女性が触ることも禁止されています。
副作用に関してはデュタステリドを使用した人の1〜3%の方に見られたとの
データがありますが、これはフィナステリドよりも低いです。
フィナステリドよりも副作用が出る人が少ないという意味でも、
デュタステリドを選びたいですね。

 

ただ、デュタステリドは日本国内では認知度が低く、普及が拡大していないのが
残念なところです。
フィナステリドよりも副作用がなく、脱毛抑制効果と育毛・発毛効果があるにもかかわらずですよ。
お隣の韓国では、AGA治療薬として使うための安全性や耐用度、効果を調査した試験を行ってデュタステリドが一般的に使われおり、欧米でもかなり普及しているようですが、
アメリカや日本ではAGA治療薬として認可されておらず、
デュタステリドについて理解して使える専門家も少ないことで
普及がなかなかされていないのが現状です。

 

そのため、デュタステリドを使うには取り扱いのあるAGA専門医にかかるか
ネットで個人輸入するしかありません。
まだ全貌が明らかになっていないデュタステリドという成分ではありますが、
育毛・発毛効果はフィナステリドよりも上。
しかも、副作用の事例も少ない。
買えるものなら、買ってみたいですよね。
ただし、副作用が全くないという訳ではないので
肝臓障害がある方はかかりつけ医師への相談が大事でしょう。
また、大前提として、服用後の体調も見極めながら用法や用量を守って使いましょう。